効率よく引越を行うために

事前に片付けを行っておく

引越を効率よく行うためには、事前に片付けをしておくことが大切です。

片付けを行うことで、無駄なものを溜めこまなくて済みますし、荷物が少ないので引越が楽になります。

引越の中でも一番大変なのが、荷物の整理や移動です。

転居先でも荷物を開けて、収納していかないといけません。

片付けをしないままでいると、時間がなくて要らないものやゴミまで、転居先まで持っていく羽目になってしまいます。

また、それだけ運送費用も手間も時間もかかってしまいます。

収納に合わせて物を減らす

片付けは一気に行おうとすると、嫌気がさしてできないものです。

そのため、1回に行う場所を細かく区切ることで、比較的スムーズに作業を行うことができます。

最初に物をすべて出し、そこから必要な物だけを残していきます。

不要なものはリサイクルに出せば、再利用してもらえますし、臨時収入になることもあります。

物はすべて収納場所を決めて、必ずそこに仕舞っておくようにします。

転居先が今よりも狭い場合は、あらかじめ荷物を減らしておくことが必要です。

必要なものは無くさないように気を付ける

要るのか要らないのか迷った時は、しばらく保留にしておき、数日後に再び再確認をします。

引越を楽に行うためにも、荷物は極力減らしておくようにしましょう。

また、必要なものは転居先に運びますが、その時に収納した箱の中身が分かるように記載をしておくようにします。

また家族が多い場合は、家族の名前も一緒に書いておきます。

引越をすると、必ずと言っていいほど何かが無くなるようです。

それを最小限度にするためにも、今まで合った状態をなるべく崩さずに運ぶようにしたいものです。

不用品の回収は、無料で回収といっても、運搬料金を取るなどの悪質業者がいるので、気を付けなければなりません。