秘書を派遣で雇えば育てるコストを減らせます

派遣の秘書は経験豊富でノウハウがあるので即戦力になります

会社によって既に秘書がいる場合といない場合があります。これから必要とする場合、派遣を利用する方法があります。メリットはすぐに秘書として働くことができる点です。通常は自社で人材を育てることになり、その分のコストがかかります。しかし派遣なら必要なノウハウはすでに身についているので、育てるコストが不要になります。登録されている人は色々な職種で経験を積んでいるので、どのような業務でもこなせるスキルを持っています。

正規の秘書が産休の時など臨時に雇うことができます

派遣のメリットは必要な時だけ雇うことができる点です。例えば正規のスタッフが出産などで育休をとるような場合に臨時に雇うことができます。正社員として雇ってしまうと、育休を終えて戻ってきた時に人員が余ってしまうことになります。また色々なノウハウを持ったスタッフが登録されているので、会社の事業内容に合わせて雇うことができます。食品業には食品業なりの業務のやり方があります。そのような時でも食品業で勤務経験のある秘書を派遣してもらえます。

企業秘密に接するような業務は正規の秘書の方が安心です

ただし注意すべき点は、企業秘密に属するような大事な業務の秘書には利用しない方が賢明です。派遣は一応外部の人間なので、セキュリティの面で不安があります。訪問客への応対や接客などで雇うのなら安心して任せることができます。秘書の仕事は会社の社長や役員などに接する機会が多いので、それだけ重要な文書や会話に触れる機会も多くなります。そのような業務の場合はやはり正社員の方が、安心して仕事を任せることができます。

秘書の派遣の仕事がとても多くあり、インターネットで簡単に調べる事ができるので効率く比較して選ぶ事ができます。